楽器・機材 音楽

【ギター&ベース】中古楽器の選び方を解説!

初心者

中古楽器を買いたいけどすぐ壊れそうでヤダ、、、

初心者

良いのと悪いのの見分け方が分からなくて不安、、、

中古楽器を買うにあたって心配なのは粗悪品をつかまされることですよね。

ということで今回はなるべく良品を手に入れるための見分け方、選び方を5つのポイントに分けて解説していきます。

メモ

あなたが知りたい情報を視覚的にまとめてあるので飛ばし読みでもわかる記事になっています

特にマーカーや箇条書きは重要なことを書いてあるのでどうぞ最後までご覧ください

中古楽器(ギター&ベースの選び方)

初めに

まず中古楽器は実店舗で買うようにしましょう

というのも、中古楽器は実際に近くで見たり触れたりしないとわからない事が多いですし、

たとえ状態がS評価だったとしてもその店ごとに評価基準が異なりますので「思ってたのと違う」なんてことになりかねません

ちょっと面倒でも安い買い物ではないので実際に店に足を運んで、店員さんに色々聞いてみることをお勧めします!

仲良くなればちょっとまけてくれるなんてこともあるらしいですよ。

あと、初心者の人が1本目に中古楽器を買うのは良くないんじゃないかって思ってる人多いと思いますがそんなことないです。

でも、この記事のまとめに書きましたがどんなに気を付けてもリスクは捨てきれません。そこは念頭に置くようにお願いします。

買い方さえ間違えなければ良いものを安く手に入れられるわけですから最高ですよね!

ということで良品の選び方、見分け方を紹介していきます。

心構え編

ここでは実際に楽器店に向かうときの心構えのコツを紹介します。

恥ずかしがらない

欲しいギター、ベースが高くて手が出ないけど中古なら予算以内で買えるなんてことあると思います。

でも、あんまり知識ないし迷惑かけたり馬鹿にされそうで怖いなんて心構えではだめです。

ガンガンいろんなことを店員さんに聞きましょう

店側も利益を伸ばすために、商品を買いそうなお客さんには優しく丁寧に説明してくれるものだからです。

じゃあどんなことを聞けば良のか。

主に

  • 何で定価より○○円(こんなに)安いのか
  • 弾くときに困りそうなことはあるか
  • 状態はどれくらい良いか

この3点を聞けば間違いないと思います。

あとは皆さんが個人的に気になることや聞いておきたいことを聞けば良いと思います。

そしてガンガン試奏しましょう。

もちろん店員さんに声をかけてからじゃないとだめですけどね。

意外と声かけずにちょっと楽器触っちゃうようなお客さんが多いらしいです。

結局は弾きやすいか、弾くときに問題ないかが最重要問題なのでそこをしっかり確かめるためにも恥ずかしがって試奏しないなんてことにならないようにしましょう。

これが質の良いギター、ベースを買うための第一段階です。

良品、粗悪品の見分け方

いよいよ質の良いギター、ベースの選び方について5つのポイントとともに紹介していきます。

フレットの状態

フレットがすり減っていたり、錆びていると見た目が悪いだけでなくチューニングが狂いやすくなります

ですから、一個一個のフレットをよく観察しましょう。

交換には万するらしいので(僕はしたことないのですが)フレットは注意深く見る必要がありますね。

見分け方

見分け方としては、光の反射具合などで削れ具合が分かるのでお店の照明を利用していろんな角度からフレットを見てみると良いです。

ネックの状態

次はネックですね。

曲がってると弾きづらかったりビビったりします

でも、これは曲がっていてもすぐに直せますので曲がっていたら店員さんに直してもらうように頼んでみましょう。

見分け方

見分け方としては、1フレットとジョイントフレット(ボディとネックの接合部付近フレット。エレキギター、ベースは14~17フレットのどれかの場合が多い。)

を同時に押さえておおよそ中間部分の弦がフレットに触れていたら順反り、隙間が大きいと逆反りである可能性が高いです。

丁度良い隙間の広さは大体紙が一枚入るくらいといわれています。(弦によって誤差あり)

隙間があるかわからない時は中間らへんの弦をそっと押してみてください。

音がカチャとなる場合は隙間あり、ならない場合は隙間なしです。

ナットの状態

ナットがすり減っていると弦がビビりやすくなってしまいます

演奏中ビビると不快なだけでなく、単純に聴き映えが悪いです。

ここもよく確認したほうが良いポイントです。

見分け方

見分け方としては、右手で3フレットを抑えつつ左手で1フレットを抑えたり離したりする方法です。

基本的に1弦から6弦(べースは1弦から4弦)に向かって隙間が少しずつ広くなっていくようになってます。

つまり1弦が一番隙間の広さが広い状態で6弦が一番狭い状態になるということですね。

この時にフレットと弦が接触しているとナットがすり減りすぎているということになります。

この時、ネックがそれているせいでフレットと弦が触れてしまう可能性もあるので

ネックを先ほど記した方法で確認して、曲がっていたら直してもらってからナットをこの方法で確認しましょう。

ツマミの状態

言わずもがなツマミが壊れていてはボリュームなどの調節ができません

壊れていなくても、今にも壊れそうな感じだったら買うのをやめておくのが賢明でしょう。

店員さんに聞いてみて大丈夫そうであったり、安くその場で修理できるくらいのものでしたら大丈夫ですけど。

これに関しては見分け方という見分け方はないですね。

音を出しながらツマミを回して確認しましょう。

見た目

これも言うまでもないですが、ボディやネックに打痕や擦ったような傷が無いかよく確認してください。

買った後に家で弾いていたら小さい傷に気が付いてガッカリなんてことも稀ではありません

何しろ、長いこと付き合っていくギターやベースですからしっかりと綺麗なものを選びましょう。

その他、確認すべきこと

アフターサービス

あと確認すべきことはアフターサービスです。

返品は難しいことが多いとは思いますが、保証や購入後の無料修理などのアフターサービスが充実しているかどうかも聞いておくとよいポイントです。

特に保証は確認しておいた方が良いです。

内部回路までは消費者は確認できませんから、そこが原因ですぐ音が出なくなる可能性もあります。

その時に保証が無かったら何もしてもらえないので保証はあるかどうかよく確認してください。

詳しい人と行こう

タイトルの通りですが、楽器に詳しい人を連れていきましょう

ギターやベースをある程度弾いてる人なら買ったらやばそうな楽器や店員さんの説明を簡単に理解できると思うので

そういう人と一緒に楽器屋に行きましょう。

きっとスムーズに良い買い物ができますよ!

おすすめの中古楽器店

中古楽器を買うならイシバシ楽器がおすすめです。

理由としては

  • 中古楽器の数が多い
  • 返品、アフターサービスが充実している
  • 都心周辺(渋谷、新宿、池袋、御茶ノ水)に店舗数が多い

この3点ですね

イシバシ楽器、イケベ楽器、クロサワ楽器の3つで中古楽器について比較してみました。

この記事を書いた時点ではこんな感じでした。

イシバシイケベクロサワ
(中古)エレキギター13201196430
(中古)エレキベース541396100
店舗数986
返品あり(10日以内)※あり(8日以内)なし
アフターサービスありありなし
店舗数はエレキギター、エレキベースを取り扱っている店舗のみカウントしています。

※「中古品、その他一点もの商品は、修理または返品にて対応させていただきます。」と書いてありましたのでご注意ください。

アフターサービスについて

石橋楽器のアフターフォローについては詳しくはこちらをどうぞ

イケベ楽器は中古楽器の保証内容が明記されていませんでしたが修理または返品対応をするとのことでした。恐しくはこちらをどうぞ

 

クロサワ楽器に関しては中古楽器の補償内容については書かれていませんでした。見つかりましたら下のコメントフォームからお願いします。

中古楽器差探すならここ!

.

まとめ

いかがでしたでしょうか?

見るべきポイントは

  • フレット
  • ネック
  • ナット
  • ツマミ
  • 見た目

ということになりますね。

これで中古のギターやベース選びに失敗する確率はかなり低くなったと思います。

しかし、リスクを捨てきれないのも事実です。

ただでさえ個体差があるものですから中古となればなおさらです。

なのでリスクを負いたくない人は新品を買うのも良い手段だと思いますよ。

おすすめの新品のギター、ベースについてはこちらの記事をご覧ください

【コスパ最強】初心者におすすめの安いベース5選!

初心者 どのベースを選べばいいかわからない! 初心者 あんまりお金ないからコスパのいいもの買いたい! と考えている方も多いでしょう。 早速今回はそんなあなたにおすすめのコスパ最強ベースを2~6万の間で ...

続きを見る

【コスパ最強】初心者におすすめの安いギター5選!

初心者 ギター選びで失敗したくない! 初心者 1本目だから最初から高いのは怖い、、 皆さんこのような悩み抱えてはいないでしょうか? 続けられるかもわからない趣味のためにそんなに投資できないよって人以外 ...

続きを見る

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

えーなか

音楽と漫画とコーヒーが大好きなブロガー。必要な情報をわかりやすくをモットーに視覚的にわかりやすく、当ブログを見れば他の色々なサイトまで情報を探しに行かなくて良くなるようなブログ目指しています!

-楽器・機材, 音楽
-, , ,

© 2021 えーなかブログ Powered by AFFINGER5