漫画 電子書籍サービス

Bookliveの詳細解説!無料で読める漫画の有無やクーポンなど

困る人

bookliveってどれくらいお得に漫画が読めるのかな?

ebookと違ってクーポンはないのかな?

困る人

漫画はどれくらい置いてあるんだろう?

マイナーなのも結構読みたいんだけど

このような悩みを抱えてる方多いのではないでしょうか?

最近は暇な時間が増えた人も多くこのような電子書籍サービスを検討している方も多いと思います。

そこで今回はbookliveの漫画について料金や冊数、クーポンなどの情報までお教えします!

この記事で分かること

  • 料金、支払い方法
  • クーポンとか
  • 取り扱ってる漫画のジャンルとその冊数
  • 無料漫画
  • アプリ
  • 口コミ、レビュー
  • メリット・デメリット
  • 安く読む方法
  • 筆者の実際に登録してみての感想
  • Bookliveで漫画を読むべき人

漫画ではあまりきかないbookliveならではのメリットなどもありますからどうぞ最後までご覧ください!

また、bookliveだけでなく他の電子書籍サービスサイトの紹介もしていきますのでよろしくお願いします。

メモ

あなたが知りたい情報を視覚的にまとめてあるので飛ばし読みでもわかる記事になっています

特にマーカーや装飾された箇所は重要なことを書いてあるのでどうぞ最後までご覧ください

Bookliveの詳細を表にまとめました

まずはここに色々調べた結果を載せておきますね。

気になるところに飛んで読むと時短になりますよ。

色々書いていきますが使いやすさやサイトの見やすさに関しては実際に使ってみないと写真や文字だけでは伝わり切らない部分が正直あります。(レビューはするけどね)

なのでユーザビリティ以外の部分が気に入ったら実際にサイトを覗いたり無料体験してみることをおすすめします!登録も簡単ですしね。

Booklive
料金、決済方法~料金~
普通に1冊ずつ購入(非月額性)
単行本の値段が定価よりほんの少し安い
~決済方法~
クレジット(VISA, Master, JCB, American Express, Diners Club)
携帯電話会社決済サービス(spモード決済、auかんたん決済、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い)
電子マネー(WebMoney、モバイルsuica、Google Pay、Bitcash、楽天edy)
スマホ決済(Line pay、Paypay)
ポイント
プリペイドカード
三省堂書店、店頭決済サービス
クーポン・キャンペーン・無料漫画1日1回のクーポンガチャ
無料コーナーと激安セールコーナー
友達招待
来店ポイント
入会時もらえる50%offクーポン(1冊のみ)
入会時もらえるシークレットクーポン
まとめ買いコーナー(tポイントが多めに付きます)
サンクスプレミアムクラブ(会員ランク)
その他ゲリラキャンペーン
無料漫画は日替わりで約15,000冊ほど
漫画ジャンルとその冊数少年漫画約9,700タイトル(執筆時、以下同)
青年漫画約21,000タイトル
少女漫画約14,000冊
女性漫画約30,000冊
BL漫画約20,000冊
TL漫画約15,000冊
オリジナル作品多数
計100万冊以上(2020年8月時点)
アプリ使いやすいし便利だが注意点アリ
口コミ・レビュー使いやすさNo.1・滅茶安い・画質が悪めetc...
メリットプリペイドカード・店頭決済があるので誰にもばれずにばれたくないような漫画が変える(年齢制限は守りましょう)
滅茶苦茶クーポンやお得なキャンペーンが豊富
漫画の冊数が多いので探してる漫画は基本的に見つかる
特集を組んだりしてるので新しい漫画との出会いがある
一度購入すればクラウドに保存されるためいつでも削除・ダウンロードが可能(スマホの容量を気にしなくて良い)
デメリットクーポンやキャンペーンが多すぎるが故にこまめにチェックするのが少し面倒
ebookより画質が劣る
クーポンの期限がかなり短い
パソコン版のアプリはmacに対応していない
安く読む方法クーポンなどのルールに注意することがポイント
筆者が使ってみての感想見やすいレイアウト・ものすごく豊富なクーポンとキャンペーン・
作品数全てにおいて文句なし
Bookliveで漫画を読むべき人とにかくお得に読みたい
こまめにお得情報をチェックすることが面倒じゃない
多少の画質の粗さは気にならない
漫画以外(アニメ、映画など)を求めない
オリジナル作品もたくさん読みたい
ちょっとHな漫画をばれず読みたい(年齢制限は守ろう)
他の電子書籍サービスの詳細を知りたい方はこちらをクリック

お得さと作品数は電子書籍サービス随一!マンガ読むならここ

詳細

料金・決済方法

料金

  • 普通に1冊ずつ購入(非月額性)
  • 単行本の値段が定価よりほんの少し安い

決済方法

  • クレジット(VISA, Master, JCB, American Express, Diners Club)
  • 携帯電話会社決済サービス(spモード決済、auかんたん決済、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い)
  • 電子マネー(WebMoney、モバイルsuica、Google Pay、Bitcash、楽天edy)
  • スマホ決済(Line pay、Paypay)
  • ポイント
  • プリペイドカード
  • 三省堂書店、店頭決済サービス

Bookliveは比較的決済方法が豊富なイメージがあります。

高還元率のlinepayやpaypayが使えるのもうれしいポイント。

三省堂書店店頭決済とプリペイドカード

また、三省堂書店の店頭決済サービスやプリペイドカードが使えるということでまだ自分で支払う方法が無い学生とかはあんまり親にばれたくないような漫画でもこっそり買えますね。笑

家族にオタバレしたくない学生とか親にばれたら良くないH描写多めの漫画が買いたいときとかは特に助かるかも。

勿論未成年は年齢制限付きの書籍は買っちゃだめですよ。(ていうか買えるか分かりませんけど)

単行本の値段が定価よりほんの少し安い

また単行本1冊ずつの値段が少しずつ安いという話ですが、鬼滅の刃を例に挙げると、1巻の定価は440円(税込)なのに対して418円(税込)と32円ほど安いです。

これを聞くと大したことねーーって思うかもしれませんが全巻揃えようとすると割と馬鹿にできませんよ!

鬼滅の刃は巻を重ねると少しずつ値段が高くなっていくのですが全巻揃えようとするなら、定価は11,110円(税込)なのに対してbookliveで全巻揃えると、10,127円(税込)と983円も安くなります!

このように定価より少し安いというのは意外なアドバンテージになるのです。

【必見】クーポン・キャンペーン・無料漫画

bookliveは意外と知らないようなクーポンやキャンペーンが充実しているのでしっかり把握しましょう!

クーポン・キャンペーン

  • 1日1回のクーポンガチャ
  • 無料コーナーと激安セールコーナー
  • 友達招待
  • 来店ポイント
  • 入会時もらえる50%offクーポン(1冊のみ)
  • 入会時もらえるシークレットクーポン
  • まとめ買いコーナー(tポイントが多めに付きます)
  • サンクスプレミアムクラブ(会員ランク)
  • その他ゲリラキャンペーン

1日1回クーポンガチャ

橋本環奈さんのCMでそこそこ有名になった1日1回クーポンガチャですがその名の通り1日1回引けます。

また、出てきたクーポンが気に入らなかった場合はツイッターなどでシェアするともう1回挑戦できます。

しょうもないクーポンが出てきて終わりなんだろうと僕自身も思っていて期待もせずガチャを引いたら一発目に何冊でも10%offクーポンが当たりました

入手ボタンを押せばクーポン獲得

一日という期限内だったら何冊買っても10%offになるらしいです。(クーポンを入手したその時からカウントダウンは始まります。)

かなり当たるとは聞いていたのですが思っていた以上

正直かなり驚きました!

クーポンの種類

ちなみに調べてみるとクーポンの種類は14種類でその内訳は

主要クーポン

  • 全作品
  • 全写真集
  • 漫画全作品
  • 少年漫画誌
  • 青年漫画誌
  • 少年漫画全作品
  • 青年漫画全作品
  • 男性向け漫画全ジャンル
  • 女性向け漫画全ジャンル

などなど

割引率は

  • 10%off
  • 15%off
  • 20%off
  • 25%off
  • 50%off

の全5種類あるようです。

非常に様々なクーポンがあることが分かりますね!

無料コーナーと激安セールコーナー

その名の通り無料漫画とセール漫画の特設コーナーが設けられています。

日々入れ替わる無料漫画ですがこの日は約16,000冊も無料漫画が読めました。控えめに言って多すぎ。

これはセールコーナーですが画像のようになっていて多くの作品が半額近くになっていました

漫画だけでなくラノベや小説なんかもセールコーナーに並んでいました。

この日はすべてのジャンルあわせて約16,600冊がセールの対象になっていましたよ。いや多!

友達招待

電子書籍サービス系ではあまり聞きなれない字面ですがこれもお得なキャンペーンの1つです。

このキャンペーンはずばり友達を招待することで招待した人が得をするというものです。詳しくは画像をご覧ください。

出典:booklive.jp

画像のようなルールにのっとって、30日以内ならいくらでもポイントを獲得できるようです。

ヘビー漫画ユーザーの友達を招待したら滅茶苦茶お得に読めますね!

来店ポイント

これはbookliveにログインすると1日1回必ずもらえるポイントのことです。

一回でもらえるポイントは20ポイントで1ポイント1円で使えます

1か月毎日ログインしたら1冊無料で買えますね!

シークレットクーポン

入会時に配られるクーポンにはシークレットクーポンというものがあります。

入会時期によって内容は異なるようですが今回僕は1冊のみ半額と何冊でも20%offクーポン(1日が期限、1日以内なら何回でも使用可)をもらいました。

また、入会時だけではなく今後も普通にシークレットクーポンが届くようです。

何冊でも○○%off系のクーポンはハッキリ言ってお得すぎます、、、

サンクスプレミアムクラブ

簡単に言うと会員ランクに応じてtポイントの付与率が変化するというものです。

会員ランクランク判定条件付与率
オレンジbooklive会員であることo.5%
シルバー前月の累計購入金額が2,000円(税込)以上1%
ゴールド前月の累計購入金額が5,000円(税込)以上2%
プラチナ前月の累計購入金額が10,000円(税込)以上3%

たくさん買うほどたくさん付与されるということですね。

クーポンを使うと割引後の値段で判定されるのでそこは注意です。

ゲリラキャンペーン

期間限定で入れ替わるキャンペーンもかなり豊富な種類が実施されています。

これは無料キャンペーンの画像です

この他にも試し読み増量や値引き系のキャンペーンもありました。

漫画ジャンルとその冊数

ジャンルと冊数

  • 少年漫画約9,700タイトル(執筆時、以下同)
  • 青年漫画約21,000タイトル
  • 少女漫画約14,000タイトル
  • 女性漫画約30,000タイトル
  • BL漫画約20,000タイトル
  • TL漫画約15,000タイトル
  • オリジナル作品多数
  • 計100万冊以上(2020年8月時点)

圧倒的な冊数ですね!正直ここにない作品を探す方が難しいかもしれません。

えーなか

100作品ほど読んできた僕が思いつく限りのマイナーな漫画を調べましたが全部ありました!

ただ、ebookについて調べていた時に出会った古めの漫画(武内つなよし・東浦美津夫・松井れんたろうなど)は品ぞろえがあまり良くなかったですね。

手塚治虫などの超有名どころはありましたけどね。

アプリ:使いやすいし便利だが注意点アリ

bookliveアプリを筆者も実際に使ってみましたが、注意点としてはアプリ内で漫画を購入することはできないということです。

どうやらsafariなどからbookliveのページに行ってそこで買わないと駄目なようですね。

また、僕の印象では見た目の洗練度やスタイリッシュさは普通でした。

無料漫画とか無料ラノベとか教えてくれます
洗練されてるわけでないけど使う上では全く問題ない感じ
本棚歩こんな感じ。

ユーザビリティについては使いやすいと評判のようです。(僕は使って日が浅いので他の人のレビューを載せておきますね)

https://twitter.com/yuki_n4e/status/1358396091583004675

主に漫画を読むだけのアプリとして使うと思うので機能も単純ということもあり、トラブルや不満は出てこなそうです。

口コミ・レビュー

良い口コミ・レビュー:使いやすい・安いetc...

https://twitter.com/Yozora_mukou/status/1231608578630242304

https://twitter.com/mutumutu17/status/1261912752055934977

使いやすい、クーポン多くてお得、冊数が多いなどの評価が目立ちました!

また、bookliveは使いやすい電子書籍サービス1位を獲得したようですね!

どのようなランキングのつけ方なのかが調べても出てこなかったのでどの程度凄いものなのかは分かりませんが、1位ということで少なくとも使いづらいということは無いのではないでしょうか。(筆者も使ってみた感じ普通に使いやすいです)

悪い口コミ・レビュー:画質が悪めetc...

画質の悪さ、配信の遅さなどが目立ちました。

中には遅いという口コミも何個か見ましたがごく少数だったのでbookliveのせいというよりも他の原因があるのかなと思いました。

メリット・デメリット

ここでは他の電子書籍サービスよりも秀でた部分と、劣っていると感じた部分を書いていきます。

メリット:滅茶お得、使いやすいetc...

メリット

  • プリペイドカード・店頭決済があるので誰にもばれずにばれたくないような漫画が変える(年齢制限は守りましょう)
  • 滅茶苦茶クーポンやお得なキャンペーンが豊富
  • 漫画の冊数が多いので探してる漫画は基本的に見つかる
  • 特集を組んだりしてるので新しい漫画との出会いがある
  • 一度購入すればクラウドに保存されるためいつでも削除・ダウンロードが可能(スマホの容量を気にしなくて良い)

ちょっと大っぴらに持っているというのは恥ずかしい漫画でもこっそり買えるし、本棚にも置かなくて良いのでばれる心配がないという利点は中高生にはもってこいですね。

また、bookliveで特筆すべきは安さと冊数でしょうか。

とにかくお得に買えるしなんでも置いてあるので漫画をたくさん読む人はbookliveが良いと思います。

特に「1日限定何冊でも○○%off」とかいう最強のクーポンも割と配布されていて、漫画ヘビーユーザーにはもってこいのクーポンですね!

デメリット:画質が微妙・クーポンの期限が短めetc...

デメリット

  • クーポンやキャンペーンが多すぎるが故にこまめにチェックするのが少し面倒
  • ebookより画質が劣る
  • クーポンの期限がかなり短い
  • パソコン版のアプリはmacに対応していない

クーポンの期限が短いのはクーポンの中身があまりにもお得なので仕方がないことですが期限が1日なんてことはざらです。

また、画質が劣るというデメリットもあります。

筆者が使ってみた感じは確かに気になりだすとちょっと気になるかもしれませんがそこまで気にすることでもないかな思いました。

あと、macを使っている人はパソコン版のアプリが使えませんので注意が必要です。

より安く読む方法:クーポンなどのルールに注意

より安く読むにはとにかくこまめにお得情報をチェックすることクーポンにルールが存在することに注意するということです。

なかには全巻まとめ買いクーポンなるものが配布されたりするのですがこれはどうやら1巻でも購入したことのあるタイトルの漫画には使えないようです。

このようにクーポンのルールを理解していないとお得に買えなかったりするのでそこは注意して漫画をより安く読みましょう!

筆者が使ってみての感想:見やすいホームページ、お得だし文句なし

僕はアプリとブラウザ版bookliveを使いました。(パソコン版アプリは使ってません)

総評を言うと見やすいレイアウトでストレスフリーに巡回できるホームページ数多のキャンペーンとクーポン作品数全てにおいて文句ありませんでした。

まずアプリ版について

調べてみると中には読みながらダウンロードできないことや自動でページを送る機能が無いことに不満を覚える人もいましたが僕は全然気になりませんでした。

漫画はめくってなんぼだし、ダウンロードしてる間は別のことをしてればよいのでそんなことを気にする人もいるんだなぁと思いましたね。

アプリ版は読むためだけに使うので特に不満に思う点がありませんでした。

次にブラウザ版について

シンプルに見やすくレイアウトされたホームページはとても見やすく、特にお得コーナーが沢山設置されているのですが「あのコーナーどこだっけ」ってなりません。

自分のステータスに関する者は右上に、値引きや無料コーナーの紹介はスライド形式にm漫画のジャンルは上側にというように分かりやすく区分けされています。
ユーザーが主に使う機能やコーナーは左側に並んでいます。

これが地味に嬉しく、ストレスフリーな作りに感心しました!

漫画の画質はブラウザ版はちょっと気になりましたがアプリ版は全然気になりませんでした。(著作権の関係で画像は載せられないです。ごめんね)

bookliveで漫画を読むべき人:お得追及派の漫画好きetc...

bookliveで読むべき人

  • とにかくお得に読みたい
  • こまめにお得情報をチェックすることが面倒じゃない
  • 多少の画質の粗さは気にならない
  • 漫画以外(アニメ、映画など)を求めない
  • オリジナル作品もたくさん読みたい
  • ちょっとHな漫画をばれず読みたい(年齢制限は守ろう)

漫画もアニメや映画も楽しみたい人は全部合わさったunextとかがおすすめですが、漫画だけ楽しみたいって人はbookliveが滅茶苦茶おすすめです!

画質という1点を除けばマンガ好きには十分すぎる機能やサービスが備わっていて本当におすすめです。

また、店頭決済とプリペイドカードが使えるということで周りにばれたくない漫画をこっそり読むこともできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

漫画に特化した電子書籍サービスの中では随一のお得さを誇っているのではないでしょうか。

それでも気に入らなかった人は他にも電子書籍系の記事をまとめてますのでそちらもどうぞ。

皆さんに一番合った方法で楽しく漫画を読んでいただけたら幸いです!

ではまた。

お得さと作品数は電子書籍サービス随一!マンガ読むならここ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

えーなか

音楽と漫画とコーヒーが大好きなブロガー。必要な情報をわかりやすくをモットーに視覚的にわかりやすく、当ブログを見れば他の色々なサイトまで情報を探しに行かなくて良くなるようなブログ目指しています!

-漫画, 電子書籍サービス
-, ,

© 2021 えーなかブログ Powered by AFFINGER5