楽器・機材 音楽

【コスパ最強】初心者におすすめの安いベース5選!

初心者

どのベースを選べばいいかわからない!

初心者

あんまりお金ないからコスパのいいもの買いたい!

と考えている方も多いでしょう。

早速今回はそんなあなたにおすすめのコスパ最強ベースを2~6万の間で5つ程紹介していきたいと思います。

メモ

あなたが知りたい情報を視覚的にまとめてあるので飛ばし読みでもわかる記事になっています

特にマーカーや商品リンクを設置したボックス内は重要なことを書いてあるのでどうぞ最後までご覧ください

ベース5選!

まず初めに、

「見た目より性能が気になるんだ」と慎重に考えてしまう初心者の方はとても多いように思います。僕もそうでした。見た目がいくら良くたって性能がポンコツなら意味がないと思ってました。

しかし初心者の方に限ってはその考え方には意味がありません。こちらの記事で解説していますので気になる方はどうぞ。

【初心者】ギター、ベースは性能より見た目?理由を解説

初心者 しょぼい楽器は買いたくないけど性能の良し悪しが分からない 初心者 すぐ壊れたりしたらヤダな こんな風に考えてる初心者の方多いと思います。 安くはない買い物ですから失敗はしたくないですよね。 し ...

続きを見る

ということで性能については軽くしか触れませんのであしからず。

ジャズベース3選

ブランド別に1本ずつ、計3本紹介していきます

バッカス(bacchus)

初心者ににおすすめなのがなんといってもバッカスです。

エントリーモデルからハイエンドモデルまで取り扱っているのです初心者向けのエントリーモデルの質がとても高いと僕は感じています。

当然ベースには安いものから高いものまでありますが安いベースは大抵ボディの木目が見えないような色の塗られ方をしています。

ここは好みですが木目の見えるベースは高級感、こなれ感、かっこよさを備えてるベースだと個人的には思っています。

そしてこのブランドのベースはなんと2万円台から木目の入った綺麗なベースを手に入れることができます。

そして音は非常にフラットなものが多いですね。フラットだと音がいじりやすく、初心者の方は自分の弾き方の悪い点なども見えてきます

メンテナンスに関しては個体差ありますがバッカスのベースは値段の割には頑丈にできていると思います。

本当におすすめのブランドです。その中でもおすすめのコスパ最強モデルはglobal seriesのWJB-400R ASHです。

出典:SOAR MUSIC

この画像のようにカラーバリエーションも豊富で木目がきれいに出ているのが分かりますね!

公式の値段設定は25,300円(税抜)となっています。

先ほど音色については書きましたが試奏動画を見るのが一番早いので見ることをおすすめします

こちらが試奏動画です。この動画は少しリバーブをかけていますので反響音はないものだと考えてください。

ポイント

  • 特に初めの一本として評判の良いバッカス。
  • シングルコイルピックアップをフロントとブリッジに一つずつ搭載。
  • フレット数は21と標準的。タッピングやソロプレイには少し物足りないかもしれませんが初心者の方はあまり考えなくてもよいと思います。
  • ボディにはアッシュを使用。高めの音が出やすく、少しパキパキした音が出るという特徴があります。木目がきれいという特徴も。
  • 指板にはローズウッドを使用。柔らかく、温かい響きの音がでるという特徴があります。
  • ネックにはメープルを使用。硬めでアタック感のある音が特徴的です。
  • スケールはロングスケール。一般的な長さで初心者の方にはまずこのスケールで弾くことをお勧めします。
  • 25,300円(税抜)値段はその時々によって異なります!詳しくは下記のボタンで見てみてください。

以上のポイントからこのベースが気になった方はボタンをクリック!

WJB-400R ASH

また、このサイトを覗くと中古品が多く並んでいると思いますが粗悪品と優良品の見分け方についてはこちらの記事をご覧ください。

【ギター&ベース】中古楽器の選び方を解説!

初心者 中古楽器を買いたいけどすぐ壊れそうでヤダ、、、 初心者 良いのと悪いのの見分け方が分からなくて不安、、、 中古楽器を買うにあたって心配なのは粗悪品をつかまされることですよね。 ということで今回 ...

続きを見る

スクワイヤー(squier)

同じく初心者におすすめのブランドはスクワイヤーのベースです。

このブランドは皆さんおなじみのフェンダー(Fender)の傘下ブランドですのでフェンダー社が培ってきた技術を応用できるのです

恐らくこれが安いのにちゃんと弾けて見た目もカッコいいコスパ最強ベースを作っている所以なのかなと思います。

音に関してはバッカスよりも中低音域が強いかなと思います。

見た目もフェンダーに近いものになってますのでとてもカッコいいです。

こちらもおすすめのブランドですが中でもコスパ最強モデルがSquier by Fender Classic Vibe '70s Jazz Bassです。

出典:fender.com

木の色をそのまま活用していてシンプルながらも渋くて、大人っぽさがありますね!

こちらは46,800円(税抜)となっていて紹介したバッカスのベースより少し高いです。

でも僕は初心者でもある程度は投資したほうがいいかなと思っています。理由は後で書きますね。

ではこちらも試奏動画を載せておきます。

ポイント

  • フェンダー傘下のスクワイヤーのベース。
  • シングルコイルピックアップをフロントとブリッジに一つずつ搭載。
  • フレット数は20と標準的。タッピングやソロプレイには少し物足りないかもしれませんが初心者の方はあまり考えなくてもよいと思います。
  • ボディ、ネック、指板共にメープルを使用。音が硬めでパキパキした音が出やすいという特徴があります。
  • スケールはロングスケール。一般的な長さで初心者の方にはまずこのスケールで弾くことをお勧めします。
  • 46,800円(税抜)値段はその時々によって異なります!詳しくは下記のボタンで見てみてください。

以上のポイントからこのベースが気になった方はボタンをクリック!

Squier by Fender Classic Vibe '70s Jazz Bass

(色違いについては上のボタンを押すと表示されるサイトを下に送っていくとあります)

アイバニーズ(ibanez)

三本目はアイバニーズのベースです。

アイバニーズは全体的に攻撃的なサウンドが多く普通のロックよりかは、激しめなバンドの方が使ってる印象があります。

そのせいもあってなのか、公式ページを見てもらえるとわかりますが個性的な見た目のベースがとても多いですね。

他と被りたくない方は割とおすすめのブランドになってます。

しかし、そういう一風変わったベースは高くて初心者にはお勧めできません。

なので今回はその中でも安くて少し個性的な見た目のベースを紹介したいと思います。

そこで初心者におすすめなのがGIO Series GSR320です。

出典:amazon.co.jp

これは赤色ですが他にもサンバーストという色で回りが黒く内側はオレンジっぽい色使いが特徴で、まるで太陽の光で焼けたように見えるものもあります。

それと、細かいことではありますがブリッジやペグの色が黒いのもカッコいいですね!

値段は22,800(税抜)となっています。

では試奏動画をどうぞ。

1分あたりから演奏し始めるのでそこまで飛ばしてください。

ポイント

  • 個性的で攻撃的なアイバニーズ。
  • シングルコイルピックアップをフロントとブリッジに一つずつ搭載。
  • フレット数は22と標準的。このあたりからタッピングやソロプレイの幅が広がりだしますがまだ物足りない可能性が大きいです。
  • ボディにはポプラを使用。バランスが良く、厚みのある音が出るという特徴があります。
  • 指板にはパープルハートを使用。この素材が非常に硬いので、鋭いアタックを得られるという特徴があります。
  • ネックにはメープルを使用。硬めでアタック感のある音が特徴的です。
  • スケールはロングスケール。一般的な長さで初心者の方にはまずこのスケールで弾くことをお勧めします。
  • 22,800円(税抜)値段はその時々によって異なります!詳しくは下記のボタンで見てみてください。

以上のポイントからこのベースが気になった方はボタンをクリック!

GSR320

(色違いについては上のボタンを押すと表示されるサイトを下に送っていくとあります)

プレシジョンベース2選

ブランド別に1本ずつ、計2本紹介していきます。

ヤマハ(YAMAHA)

プレシジョンベース1本目はヤマハのベースです。

ヤマハは様々な楽器をプロデュースしているので知らない人はいないのではないでしょうか?

日本のメーカーとして有名ですよね。

だからとは言いませんがやはり技術が高く、壊れにくいという印象があります。

また音の印象としては、パキパキとしていて抜けの良いかなと思います。

見た目に関しては、王道を行きすぎず邪道を攻めすぎずといった感じで、ほんの少し個性を出したいという方には丁度良いかもしれません。

そんなブランドですが、中でもおすすめのコスパ最強モデルはBB234です。

出典:yamaha.com

まず目につくのがこの特徴的なボディだと思います。

くっきりとくびれを帯びた見た目は以外にも珍しく、程よい個性を醸し出しています。

使われている色も少なく統一されていて、非常にすっきりとしたスタイリッシュな印象を受けます。

値段は36,550(税抜)となっていて、

続けられるか心配だけどチープなものは使いたくないという初心者の方にピッタリな値段なんじゃないかなと思います。

では試奏動画をどうぞ。

ポイント

  • 抜けが良く技術の高いヤマハ。
  • スプリットコイルピックアップシングルコイルピックアップを搭載。スプリットコイルの影響でジャズべよりもパワフルかつ甘い音が特徴です。
  • フレット数は21と標準的。タッピングやソロプレイには少し物足りないかもしれませんが初心者の方はあまり考えなくてもよいと思います。
  • ボディにはアルダーを使用。中音域が出やすいという特徴があります。
  • 指板にはローズウッドを使用。柔らかく、温かい響きの音がでるという特徴があります
  • ネックにはメープルを使用。硬めでアタック感のある音が特徴的です。
  • スケールはロングスケール。一般的な長さで初心者の方にはまずこのスケールで弾くことをお勧めします。
  • 36,500円(税抜)値段はその時々によって異なります!詳しくは下記のボタンで見てみてください。

以上のポイントからこのベースが気になった方はボタンをクリック!

BB234

(色違いについては上のボタンを押すと表示されるサイトを下に送っていくとあります)

フェンダー(Fender)

2本目はフェンダーのプレシジョンベースです。

言わずと知れた超有名ブランドですね!

ちなみに初めてプレシジョンベースを作ったのはフェンダーらしいですよ。

また、このブランドのベースは作られた年代によって音質が大きく変わることでも知られてます。(もちろんほかのブランドも多少はそうですが)

ですから中古品を買うときは要注意ですね。

高級なイメージのあるフェンダーですが最近は安いのモデルも出ているので一度公式ページを見てみるのも楽しいと思います。

音については聞き心地の良い音です。抽象的ですが聞いてみるとわかると思います。高音域が刺さりすぎずかといって籠りすぎず、中音域も程よく出ているといった感じです。

そんなフェンダーですがおすすめのコスパ最強モデルがPlayer Series Precision Bassです。

出典:amazon.co.jp

よく見るオーソドックスな形だなと思うと思うのですが、それもそのはずでやはりプレべ元祖だからなんですね。

この形がフェンダーの作り出した形なのです。

カラー展開も豊富で可愛い色もあるので女性の方にもおすすめです。

値段は57,273円(税抜)と少々高いですが、1本目からフェンダーを所持できるという優越感はすさまじいと思います(笑)。

では試奏動画をどうぞ。

ポイント

  • 元祖高級有名メーカー、フェンダー。
  • スプリットコイルピックアップのみを搭載。スプリットコイルの影響でジャズべよりもパワフルかつ甘い音が特徴です。
  • フレット数は20と標準的。タッピングやソロプレイには少し物足りないかもしれませんが初心者の方はあまり考えなくてもよいと思います。
  • ボディにはアルダーを使用。中音域が出やすいという特徴があります。
  • 指板にはパーフェローを使用。アタック感とサスティンが長くなるという特徴があります
  • ネックにはメープルを使用。硬めでアタック感のある音が特徴的です。
  • スケールはロングスケール。一般的な長さで初心者の方にはまずこのスケールで弾くことをお勧めします。
  • メキシコ産です。フェンダーを知ってる人だとあまり良い印象を受けないかもしれませんが1本目であれば問題ないです。
  • 57,273円(税抜)値段はその時々によって異なります!詳しくは下記のボタンで見てみてください。

以上のポイントからこのベースが気になった方はボタンをクリック!

Player Series Precision Bass

(色違いについては上のボタンを押すと表示されるサイトを下に送っていくとあります)

.

初心者でもある程度は投資をした方が良い理由

初心者の方は特に「続けられるか心配」とか、「趣味にそんなお金出せない」とか考えると思うのですが、最低でも本体単体で2万は出してください。

というのも巷でよく聞く『激安ベース、初心者セット付19,800円から!』みたいなのがありますが、そこまで安いと欠陥品であることが多いです。

すぐネックがゆがんだり、チューニングが凄くずれやすかったり、最悪の場合はシールドをつなげてもアンプから音が出なくなったりします

せっかく買っても壊れちゃうんじゃ仕方ないですよね。

ですから、本体に2万円以上でそれにプラスアルファで初心者セットを買うようにしてください。

きっと良い音楽ライフのスタートを切れますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

性能やそれぞれのブランドの大まかな特徴、見た目と値段の安さに注目して初心者におすすめのコスパ最強ベースを紹介してみました。

お気に入りの一本は見つかりましたか?

使われてる木材などちょっと細かいことも書いちゃいましたが、初心者の方は性能については

  • スケールの長さ
  • ピックアップの種類
  • ジャズべかプレべか

を主に見ていただけたら良いと思います。

あとは試奏動画ですね。これを見ながら音の特徴や自分の弾いてる姿を想像してみることをお勧めします。

実は僕自身がベースをやっている者なので、この記事をきっかけにベースを始める決心がついた人が出てくれれば嬉しいです!

他にもベースについての記事を書いていく予定ですのでよろしくお願いします。

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

えーなか

音楽と漫画とコーヒーが大好きなブロガー。必要な情報をわかりやすくをモットーに視覚的にわかりやすく、当ブログを見れば他の色々なサイトまで情報を探しに行かなくて良くなるようなブログ目指しています!

-楽器・機材, 音楽
-, , , , ,

© 2021 えーなかブログ Powered by AFFINGER5